ブログ

脚のムダ毛がもう剛毛で大変です。まるで男性みたいな、いや下手をすれば男性より毛深いんじゃないかと思います。剃っても、剃り跡が目立ち過ぎて、ヒゲの濃い男性の剃り跡みたいなんです。そのくせ、肌が弱いので、脱毛クリームとかはかぶれてしまいます。もうあとは隠すしかありません。どうしてもスカートを履かなくてはならないときは、濃いめのストッキングを選んでいますが、それでもなんだか恥ずかしくて落ち着きません。可愛いスカートからスベスベの生脚を出している女の子たち、羨ましいです。

 

まあ、今はそうやってなんとか誤魔化せますが、中高生の頃は大変でしたね…。なにしろ、ブルマやスクール水着を着なくてはなりませんでしたから。太ももにまで剛毛が生えているので、恥ずかしくて仕方がありませんでした。幸い、周りにからかわれるようなことは無かったのですが、疑心暗鬼になってしまい、「ああきっと心の中で笑ってるんだろうな」とうじうじしてばかりでした。両親は「気にするな」と言っていましたが、思春期に気にしない方が無理というものです。

 

最近は脱毛系のサロン(参/熊本 脱毛)も随分増えたみたいですが、門をたたく勇気がでません。

 

安全&安価に脱毛できる方法、誰か発明してください!

続きを読む≫ 2015/03/23 10:45:23

くびれ美率っていうのがあるんですって。くびれはスタイルを保つ上でも大事な部分、くびれ美率っていったい何なんだろうって気になりますよね。どうやらウエストとヒップの比率でくびれ美率がでるようで、ウエスト÷ヒップ=0.7が理想だそうです。

 

自分がどんな値が出るか気になりますよね。できれば理想に近い数値がでればうれしいですけど、理想から遠かったら悲しくなります。日本人女性の平均は0.759なので、とりあえず平均はとっておきたいところです。

 

スタイルがいい人はくびれがきれいにできていてスラッとしているのであこがれてしまいます。くびれをだすためには、腹筋したりストレッチをして伸ばしてみたりいろいろやってみるしかないですよね。

 

最近は、呼吸の仕方を変えるだけで引き締まるという方法もありますから、くびれをつくるためになんでも挑戦したいですね。どうしても、自分ではなんともできなとなったらエステに行ってなんとかしてもらおうと思います。

続きを読む≫ 2014/12/15 23:01:15

ストレスは何かと害があると言われていますよね。 健康関連のニュースを見ていてもストレスは良くないという話はよく耳にします。
現代人はストレスを受けやすい生活している人も多いのでストレスには注意したいのですが、ストレスが原因での労災の請求数は年々増えていて、平成21年から3年連続で過去最高記録を更新中なのだそうです。

 

まさにストレス社会ですよね。私もいつなるかわからないので気をつけたいと思います。
ストレスは体の体調を崩すことの他にも老化を早めるということも引き起こすので美容の面でも注意した方がよいそうです。ストレスを受けると活性酸素が増加して処理しきれなくなった活性酸素が体を酸化させて老化現象、ガン、生活習慣病などを引き起こすと言われているそうです。

 

活性酸素を増やさないためにもストレスをためないように、発散できる環境をつくっておきたいですね。美容の面では体の酸化に効く抗酸化物質の商品があるので活用していきたいですね。

続きを読む≫ 2014/12/15 23:00:15

以前、ドラマでエステティシャンの話があった。その内の人で少し体型がぽっちゃりしている人がいて上司から「痩せなさい。」と強要されていた。実際にそんな事があるのだろうか。 ドラマの世界は、実社会と違うことや過大表現をしている部分があるのかな?
でもエステサロンで働くエステティシャンになろうとした場合、やっぱり容姿が重要なんだろうか?

 

語弊を招くかもしれないけど、私の見たエステティシャンは必ずしも完璧な容姿をした人達ではないように思う。生まれ持ったものもあるから変えられないものもあるだろう。だけど、キレイにしているのはよく分かる。その人の個性を生かしつつ、隠しつつ、その人なりにキレイにしている。ぽっしゃりしていてもお肌がプリップリの人だっているから。

 

エステティシャンになろうと応募してくる人はきっと自分もキレイになりたいし、他の女性もキレイにしたいんだろう。容姿に自信がないし、他の人をキレイできる自信がない私にはエステティシャンは無理だろうなぁ。

続きを読む≫ 2014/12/15 22:59:15

毎日の生活にかかせない行動で、美脚に近づけたらうれしいですよね。
美脚は今や、現代女性の憧れの1つです。たかの友梨に行ったり、マッサージに行ったりして美脚を手に入れるのもアリですが、毎日誰もが行っている歩き方を見直して美脚に近づいてみませんか?

 

基本の歩き方とは、まずは、肩・腰・床が並行であることを意識して、ウエスト部分の筋肉を上半身に引き上げ姿勢を良くします。踏み出す方の足の付け根から一歩を出し、真っ直ぐに足をおろして、かかとで着地、しっかり地面に接地します。

 

次に、後ろ足の親指と人差し指を意識してつま先で地面を押し、身体を前に送りだし、後ろ脚をまっすぐに引き寄せ歩き出します。腕は90度に曲げて、ひく事を意識するときれいな歩き方ができるようになります。なかなかむずかしそうですが、これで美脚に近づいたらうれいしですよね。
毎日の事ですから歩く時に意識しながら行うことで、いつの間にかできるようになれば良いですね。

続きを読む≫ 2014/12/15 22:58:15

やっぱり美脚に見せようとするならヒールを履かなきゃですよね!子供が小さいから抱っこをすることがまだまだあります。
だからヒール靴ってずっと敬遠してました。

 

ただでさえ、おっちょこちょいなのでよく転ぶんです。だから子供を抱っこしながらヒール靴なんてもってのほかって思ってました。
でも、背の低い私。

 

普通にしてても足が短いのに、ぺたんこ靴では本当に足がみっともない。たまには子供がいないときくらいは、ヒール靴でも履いてみようと思い初心者にも履きやすい太ヒールのブーティを買いました。
さすがにパンプスは自信がないので。

 

ちょっと鏡に映る自分の姿を見て、やっぱり足が長く見える。ふくらはぎがキュっとなるんですよね。それにブーティーってとっても可愛い。
いつもスニーカーばっかりなので新鮮。

 

これから春になるからちょこっとヒールでおしゃれしてみたいと思います。子供抱っこのときは無理だけど、工夫すれば我慢せずにおしゃれすることも出来ると発見しました。

続きを読む≫ 2014/12/15 22:56:15